張出架設工法とは

本橋で採用されている架設方法「張出架設工法」は、まず橋脚をつくり、そこから『やじろべえ』のように バランスをとりながら左右に3~4mずつ橋桁を延ばしていく工法です。

支保工(橋げたを作るときに下から橋げたの重さを支えるもので、工事終了後撤去されるもの)を必要としないので、地面から足場を作れない深い谷などに橋を架ける場合や、交通量の多い道の上に橋を架けるときに力を発揮します。

 張出架設工法の製作ステップ

1)橋脚の頭(柱頭部)を作ります柱頭部を作ります

 

 

2)移動作業車を組み立てます

 移動作業車を組み立てます

3)やじろべえのようにバランスを取りながら少しずつ橋脚を伸ばしていきます

バランスを取りながら桁を作成します

 4)お互い伸ばした手を繋いで完成です

 桁と桁を繋いで完成です